2009年12月11日

怪我をした時にも901が重宝します!

以前、ハイエースにゲートアップダンパーを取付けさせていただいたお客様から突然電話があり「アイスホッケーの試合中に右足を骨折してしまったのだけど・・・左足でアクセル操作をする装置ってありましたよね?」と相談をいただきました、、、


聞けば、全治一ヶ月とのことで(汗)
その間、自家用車に乗れないとシゴトにならないとお困りでした。

そこで、通常は右足が不自由な方には「左アクセルペダル装置」というものを車に取付けし、左足で運転するのがよくあるパターンなのですが、今回は一時的な取付け(使用)であることや、左アクセルペダル装置は運転に慣れるまで結構時間がかかること、慣れてからも過去にマニュアル車を経験している方は、咄嗟の時に左足が(クラッチと間違えて)造設したアクセルペダルを踏み込んでしまう可能性があること等々から、思い切って手でアクセル&ブレーキの操作をすることをおススメさせていただきました。

そこで持ちだして来たのがこちら→「901ハンドコントロールシステム」です!

この装置はレンタカーにも簡単に装着して使用出来るというくらいに手軽なアイテムで、取付けする車に穴をあけるといったダメージを一切与えません。

また、人間は足の感覚より手の感覚の方が優れており、左足でアクセルやブレーキの操作を行うより、手で操作をした方が格段に慣れも早く、操作も簡単なのです!


と、いうことで、お客様の愛車bBをピットイン!

今回は、約一ヶ月程度の “一時的な取付” けということで、作業の所要時間は調整まで合わせて小一時間程度で装着完了!

簡単な操作説明を工場内で済ませた後は、お客様に助手席に乗車していただき、内藤が運転し路上へレッツ・ゴー!

助手席から手を伸ばしていただき、走行中のアクセル&ブレーキのタッチを確認して頂いた後は、運転を交代し、約10分程度ご一緒にドライブをさせていただき運転練習は終了。

内藤をイフまで送っていただき、お客様はそのまま901を装着したbBを運転してご帰宅されました。

まずはさておき、一日も早い完治をお祈りさせていただきますね。。。

お大事に~~~!


追記:イフではこのように901ハンドコントロールのレンタルも承っておりますので、お怪我の時ばかりではなく、いろいろなシチュエーションでご活用いただければ幸いです。

ちなみに、内藤の通勤マシン(スズキのkei)にも901が装着されていて、ここ暫く、足を使って運転していません(笑)



この記事は参考になりましたか? 良かったよ!という方は「いいね!」や「シェア」してくださると嬉しいです♪


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...