2012年4月11日

アウディA6 吊り下げ式・左アクセル装置改造

アウディA6 TFSI quattro に吊り下げ式の左アクセルペダル装置を製作し取付しました。

いかつい顔のこのA6、V型6気筒DOHCスーパーチャージャー仕様のエンジン搭載で300馬力を発生!

そしてクワトロ4駆+7速SトロニックATと、無敵なマシンですね!!


お客さまの要望で、より簡便に健常者の方との共用をしたいということで、あれこれ知恵を絞りながら「吊り下げ式」と呼ばれる左アクセルペダル装置をイフで製作し、取付けさせていただきました。

ちなみに今回の改造は、ボディや内装部品は一切加工せずに、既存のボルト穴を利用して取付出来る装置としたことで、装置を丸ごと外すと完全にノーマル状態に復帰させることが可能です。


左側が新たに増設したアクセルペダル。
右側の黒いカバーは、誤操作を防ぐための“遮蔽板”になっています。

増設した左側のアクセルペダルを持って上方に跳ね上げると・・・
一瞬で標準のアクセルペダルが顔を出すという構造です。
その所要時間は1秒ほど!!


いかがでしたか?
汎用製品を使った「床置き式の左アクセルペダル装置」と比べると、車種専用になってしまうことや、改造費用が割高になってしまうということなど一長一短はありますが、選択肢の一つとしてご参照下さいませ。

※一部車種は遮蔽プレートが”跳ね上げ式”ではなく“着脱式”となる場合はあります。


■床置き式の左アクセルペダル装置のご紹介はこちら → クリック

■左ウィンカーレバー&ステアリング旋回グリップのご紹介はこちら → クリック

■イフへのお問い合わせはこちら → Cntact us!

この記事は参考になりましたか? 良かったよ!という方は「いいね!」や「シェア」してくださると嬉しいです♪


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...