2013年12月13日

クイッキー2 セットアップ完了!

お客様と数多くの打ち合わせや確認を経て、ついに納得の出来る一台が完成!

この「クイッキー2」車いすは、業界で25年以上も親しまれてきた折りたたみ式車いすです。
メーカーが開発段階からこだわり、お客様がどのような車いすを望んでいるのか。どのような車いすが、効率や性能、デザイン、すべての要求を満たすのか。

その答えがここにあります。


<クイッキー2+JAYフュージョンクッション>
褥瘡予防と姿勢保持を両立!世界中で使用されているJAYから新たなスタンダード「JAYフュージョンクッション」新登場!



<クイッキー2+Qグリップハンドリム>オプションのクリアースポークカードを装着。ハンドリムは、最適なグリップと耐久性を兼ね備えた「Q-グリップ・ハンドリム」をチョイスしました。
<クイッキー2+J3バック>背布に変えて、「JAY®J3バック」を装着!

<クイッキー2+ステイフレックス体幹サポートベルト>静的シーティングから動的シーティングへ!近年欧米では、姿勢を崩さずに動きを提供する動的シーティングの考え方が広がっています。ステイフレックスは、その概念を製品化し、伸縮性と非伸縮性の素材を組み合わせることによって、動的シーティングを可能にしました。身体が前や横に倒れてしまう方の体を抑制せずに動きを提供する体幹サポートにより、・上肢の使用が可能になります。・上肢の機能の向上を助けます。・上体の動きが可能になります。・車いすを自分で操作する方や、コンピュータ、コミュニケーション機器の使用時にも最適です。


<クイッキー2+フォーポイント骨盤ベルト>強力に骨盤の傾きをコントロールし、保持するために、補助ベルトの追加された骨盤ベルトです。
<クイッキー2+アンクルハガー>ボディポイント社がセラピストの提案によって開発したアンクルハガーは、現在、世界中で使われる代表的な足部保持ベルトになりました。従来の足部保持に使用されたトーストラップと異なり、つま先ではなく、くるぶしにベルトをまわして足底、特にかかとを車いすのフットプレートに保持します。この方法により、足の動きを最小限に抑えながら、確実に足部保持を行うことが可能となりました。

サイドビュー!
バックビュー!
今回のお客様は、身長が190cm近くもある方のため、高さのある車いすとなりましたが、適正な座幅や車軸の前出し等々により、比較的コンパクトにまとまっております。タイヤ&ホイールは26インチの大きさとなっていますよ。。。
レッグサポートは、スイングインとスイングアウトの両方の動きが簡単に出来ます。
各種パーツがほぼワンタッチでバラバラになるため、車載時などではスペースをとらないばかりか、介助の方の負担を大きく軽減することが可能です。
<オプション クリアーテーブル>足元スッキリですねっ(^o^)
それでは・・・いざ納車へ!!!お客様に喜んでいただけることを願いながら、レッツ・ゴーです。。。
いかがでしたか?アクセスインターナショナル様の取扱製品である、クイッキー車いすや、ジェイシリーズの詳細は、同社のホームページをご覧ください(^^)▼アクセスインターナショナル http://www.accessint.co.jp/


この記事は参考になりましたか? 良かったよ!という方は「いいね!」や「シェア」してくださると嬉しいです♪


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...