2015年3月25日

自動車用ボディーサポートのご紹介!

皆さまは、自動車のシートに座っていて体が不安定になってしまい、困った経験はございませんか?

車いすではしっかり座ることが出来ている方でも、こと自動車のシートはその構造や走行中の横揺れなどから安定した座位をとることはなかなか難しいのではないでしょうか?

子供であれば座位保持機能を有するチャイルドシート(自動車用座位保持装置)などを用いる方法がありますが、大人の方の場合は乗り降りの問題等もあり、なかなか難しいのが現実です・・・

そこで今回ご紹介するのが、株式会社ウェルパートナーズ様が販売し、長年好評をいただいている「自動車用ボディーサポート」です!



この「自動車用ボディーサポート」は、「自動車用ボディーサポートシステム」「モジュラーサポートシステム」などとも呼ばれるとおり、基本となる背ベース(小児用は座ベースも付属)をクルマのシートにベルトで固定し、そこにL型の体幹パッド各種ベルト類などを、利用する方のお体の状況に合わせて自由自在に装着していくという優れものなんです♪

イフでも10年以上前から取り扱いをさせていただいており、皆さまに大好評です(^^)


写真 ↑ の青い部分「背ベース」で、そこに大型の「L型体幹パッド」オレンジ色黒色の設定あり)をマジックテープで好きな位置に装着します。

加えて、必要に応じてオプションの「胸ベルト」「ヘッドサポート」を取り付けするだけというお手軽さで、劇的に座位を安定させることが出来るのです!


例えばこちらのお客さまの場合、自動車のシートベルトだけではコーナーリング時の横揺れでまったく体が保持出来ず、また、頭もフラフラしていましたが、自動車用ボディーサポートを装着した帰り道は、安定した状態でしっかり前を向いてドライブすることが出来た♪と喜んでいただきました。

オプションの「ヘッドサポート(品番:BC-9)」も、自動車のヘッドレストにマジックテープ付きのベルトで簡単に装着することが出来ます♪

オプションでご用意している「胸ベルト」は二種類 (※独立シート用となります)

どちらのタイプも後ろ部分に着脱用の樹脂バックルと、長さ調整機構を有していますので、装着する座席のサイズや体型に合わせることが簡単に出来ます♪
写真上の少し細めのタイプ(品番:BC-5)が、カン付きで、ベルト先端をカンに通して折り返してマジックテープで固定するタイプ。

写真下の少し太めのタイプ(品番:BC-3)は 、通常の左右のマジックテープを貼り合わせるタイプとなります。


(品番:BC-3)左右のマジックテープを合わせるだけの簡単タイプです。

(品番:BC-3)幅広いマジックテープのおかげでしっかり体を保持します。

(品番:BC-5)カン付きタイプはベルトの先端にループ(指などをかけるところ)が装備されています。


自動車メーカーの福祉車両などで、着脱タイプの座席などにも装着して活用することで、このようにクルマから座席を外した状態でも、乗られている方のお体をしっかり保持することが出来るようになりますよ♪

もちろん、回転や昇降するタイプの福祉車両の座席との相性もバッチリです♪



■こちらが今回ご紹介させていただいた、大人用のタイプ[品番:BSC10]


■座ベースやその他のアイテムを付属した、小児用タイプ[品番:BSC21、22]


■各種アイテムがいろいろ付属している多機能タイプ[品番:BSC30]



■更に必要な付属品等をバラバラに追加出来るという素晴らしい製品です♪



いかがでしたか?

後席や助手席だけではなく、運転席にも活用できる、「自動車用ボディーサポートシステム」

イフでは、デモ品などもご用意しておりますので、お気軽にお問い合わせ下さいますよう、どうぞ宜しくお願いいたします(^^ゞ

イフへのお問い合せはこちら
 →Contact us



この記事は参考になりましたか? 良かったよ!という方は「いいね!」や「シェア」してくださると嬉しいです♪


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...